害虫から芝生を守ろう|プロの業者に手入れを頼む

園芸用品

芝の長さを保つ

芝生

庭の見た目を綺麗にするために芝を張っている家があります。海外でよく見られる綺麗なグリーンに憧れて芝を張ったという人も少なくないでしょう。芝生があると庭へゴロンと転がることもできます。また、ピクニック気分を味わえたりバーベキューを楽しんだり、ちょっとしたスポーツをして遊ぶこともできるでしょう。そんな綺麗な芝生を保つために必要なのが芝刈りです。芝生を放置していると際限なくどんどん葉っぱが伸びてしまいます。葉っぱが伸びてしまうと、太陽の光が根本の届かなくなり芝生がだんだん弱ってしまうのです。また、葉っぱが伸びて影ができることで害虫や害獣が住みやすい環境になってしまうでしょう。害虫や害獣は噛み付いたり刺したりする恐れがあり、そのために庭で遊べなくなってしまうでしょう。いつまでも気持ちよく庭を利用するためにも定期的に芝刈りを行ないましょう。適度な期間や長さを保って芝刈りを行なえば、丈夫で元気な芝生を作ることができるのです。芝刈りを行なうときに注意したいのが、根付いているか確認をすることです。芝の根がしっかりしていないときに芝刈りを行なうと成長中の若い葉っぱまで刈ってしまい芝を枯らす原因になるのです。なるべく芝が長くならない内にこまめに行なうようにしましょう。芝にはいくつかの種類があるのでその種類によって残す長さを確認すると便利です。日本でよく使われる芝の場合は約2センチから3センチを残すようにして芝刈りを行なうといいでしょう。